『消防士と消防設備士、消防設備点検資格者の違いー厳しい責任と大きな役割』

消防士と消防設備士


まず最初の入り口として簡単に、消防士と消防消防設備士との違いを分かりやすくお伝えします。
消防士火事になったら消火活動をする人消防設備士火事になった際に避難や消火用具や警報装置メンテナンスをする人です。

消防設備士と消防設備点検資格者


そして、これも似ているようで違う、消防設備士と消防設備点検資格者の違いを分かりやすく言うと
消防設備士は、消防用設備等の工事・整備と点検の全てを行う事が出来る国家資格
消防設備点検資格者は、消防用設備等の点検のみを行う事が出来る国家資格


消防士消防設備士、そして消防設備点検資格者という職業はよく似ていますが、基本的な募集条件や業務内容などに僅かな違いがあります。

消防士とは


消防行政上の事務、対応活動・災害時の作業など消防職業(公務員採用)の仕事を担う消防救助組織に所属する人です。一般的に、消防士と言えば、大学を卒業して試験を受け、公務員採用に応募して活動を開始する人を指します。

主な仕事内容は、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全な暮らしを守ることです。消化活動、救急活動、救助活動、防災活動など多岐に渡ります。

消防設備士とは


消防設備点検業務などを行う消防関係の専門職として働く人です。消防設備士として働くには多くの企業が施工設備士を募集しており、大学卒業が必須条件ではないため、機械構造物の工学などの専門的な学問で学んだ方などが設備士として募集されることも多いです。

主な仕事内容は、劇場、商業施設、ホテルなどの建物に備え付けられている消火栓やスプリンクラーなど消防用設備の設置工事や整備を行います。各項目ごとに点検を行い、消防用設備が正常に動くか確認したり、整備を行ったりすることが主な仕事内容となります。

この資格は、整備、点検を行う乙種整備、点検、工事を行う甲種とに分かれており、消火器の点検乙種6類自動火災報知設備の点検乙種4類自動火災報知設備の設備、工事甲種4類)という様に各消防設備によって、類系が分かれています。

甲類消防設備士」は、消防用設備の工事・整備・点検ができます。
乙類消防設備士」は、消防用設備などの整備と点検ができます。

つまり甲類と乙類の違いは工事が出来るor出来ないのかです。

消防設備士の資格には、「特類・1類・2類・3類・4類・5類・6類・7類」と合計で8種類あり、それぞれ扱える消防設備が異なります

受験資格は、https://www.shoubo-shiken.or.jp/shoubou/qualified01.html

消防設備点検資格者


建築物などの設備を正しく点検し、正しい消防設備を管理する資格を有する資格者になります。この資格は、特定の指定講習や試験を受験して合格する必要があります。
主な仕事内容は、消防用設備等の点検を行う事です。工事は、行いません

受験資格はhttps://www.fesc.or.jp/jukou/setsubi/

以上のように、消防士と消防設備士、消防設備点検資格者の違いはありますが、いずれも、消防のために尽力する国民として/として各々に大変な責任を負う重要な職業であることは間違いありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です