『備蓄食料の重要性:食料危機に備えるストック法』

近年急増する食料危機。

災害や戦争などの突発的な状況に対処するためには、少なくともは備蓄食料が必要といえます。

食料危機が騒がれる今、備蓄食料の重要性を再認識しなければいけません。

備蓄食料には、長期的な保存可能性栄養価の高さ携帯性など、優れた特徴があります。

備蓄食料の優れた特徴

① 長期間保存が可能です。備蓄食料は、低温や脱水といった加工技術によって、半永久的に保存可能です。従って、災害や戦争など突発的な状況に備えることができます。

② 賞味期限長期間保持されます。一般的な食べ物は簡単に劣化してしまいますが、備蓄食料は長期間賞味期限を保持します。

③ 小さくて携帯性が高いです。備蓄食料は、小さくて携帯性が高く、荷物を減らすことができます。小さな食料を持つだけでも、たくさんの食料を持つことができます。

④ 栄養価が高いです。備蓄食料だけで生きることができるとは限りありませんが、多くの栄養が詰め込まれており、食事のバランスを整えることができます。また野菜、果物、卵、乳製品等の豊富な種類を水溶性食料などにして入れ替えるなど、バリエーション豊かに食事を楽しめます。

以上の理由からも分かる通り、備蓄食料は、非常に優れた特徴があります。

備蓄食料を安全・安心にストック方法

その備蓄食料を確実にストックにする為の方法はあるのでしょうか?

購入する際に品質の高いものを選びます。品質の高い食料は、安定して状態を保ち、長期的なストックに便利です。また、必要な量を買い足すこともおススメします。

備蓄食料を安全に保管するには、正しい保存状態を保つことが重要であり湿気を取り除くために、

風通しの良い処理が必要です。便利なストックを作るためには、食料を扱いやすい容器(例えば、プラスチック、金属など)に入れ替えることをおすすめします。

▶️食料を開封していないものから積み重ねて保管します。開封した後に元の材料で元の量を再びつめることもできます。また、賞味期限や採掘地について考える必要がありますが、冷蔵庫内で保存する前賞味期限を満たしているか確認することが重要です。食料を正しくストックするために、ストック場所も重要です。備蓄食料を良い状態に保つために、その場所を定期的に清掃します。

残存虫害(※残存虫害とは、備蓄を保管する場所にいる小さな害虫(ハエやムシなど)によって作られたプラスチックや木製などの食料を破損させる状態のことを指します。害虫によって生成された汚染物質を食料に関する衛生危険から、食料を汚染されないよう管理しておく必要があります)や湿気を防ぐために、木製ナットや水溶性虫災防止剤を用いれば効果的です。

これらにより、安全な備蓄食料の保存を図ることが可能となります。上記の知識を活かし、家族の中でも、常日頃から注意し、備蓄食料をストックして頂けたらとおもいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です