『災害時サバイバル!救助・ソーシャルメディアを活用した方法』

災害が発生したとき、生き残るために、救助とSNSソーシャルメディア:Twitter、Facebook、Instagram等)を使ってプロセスを最大限に上げる方法は、あなたの生命を守るうえで非常に重要なことです。


SNSは、災害時のサバイバルプランを最大限にする上で重要なツールとなります。

SNSを利用すると、迅速な情報収集情報交換を行うことが可能です。インターネットに接続ができる環境であれば、災害によって激変したライフラインなどをリアルタイム情報で把握できます。

※東日本大震災で、被災した現地では電話が繋がりにくい状況が続いていました。そんな時、SNSを通して情報収集、情報発信や安否確認が活発に行われました。

災害時のSNSの活用は、メリットだけではありません。これだけの拡散力があるツールなので、間違った情報あっという間に広がると言う事も考えられます。情報に躍らせるという事も出てきます。

日頃から、災害情報を発信しているTwitterなど、信頼性の高いSNSをチェックする事も、災害時の前に出来る事前準備かもしれません。

個人だけでなく、市や自治体にいたっては、ソーシャルメディアプラットフォームを活用した訓練を行ない、救助活動を行なう際の協力を求めて通報する仕組みを実施することも不可欠です。さらに、災害時には気象現象やリスク予測、被害物理モデルなどの統合的なウォッチを行なう必要があります。

被害をもたらす損失を最大限に抑えるために、予測判断を行なって予防を行う必要があります。

SNSを活用して、災害情報を受けることができるような仕組みを構築することも重要なことです。

また、災害現場に行き、実態を直接確認することもできます。

サバイバル中には永続的なアイデアを取り入れて、必要な予測・評価を強化し、災害の被害を最小限に抑えるよう努める必要があります。また、災害発生直後からケアとサポートを持続的に行う必要があります。災害現場では健康上の問題も起こる可能性があるため、安全な場所病院診療所を定期的にチェックしておくことも必要です。正しい手順で支援を受けることもできます。

最後に、災害の生存率を最大限にするためには、禁煙飲酒控える安全場所探す正確情報の流れ維持する、健康状態を変えないよう注意するなどの適切な行動が必要となります。災害時サバイバルプランを策定するためには、以上のような方法を取り入れることをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です