『不動産オーナーの為の防災:安全なコミュニティを作る為の対策』

災害に備える上で不動産オーナー、不動産業者として特に重要なのが、不動産の防災対策す。

不動産オーナーが、防災のために取るべき行動や、取り組むことで得られる利益などをまとめました。

防災対策を取り入れることで、不動産担当者及び管理者との連携も活性化し、より安全で堅固なコミュニティを作り出すことができます。

不動産業者として、防災のための知識基盤を持つことで、不動産購入者の利益を最大化できます。

不動産オーナーの防災対策


① 所有不動産(マンション、アパート等)内に避難可能な所を準備し、防火防災点検定期的に行うことです。水害・地震などの災害が起きた時、早急に避難可能な安全な所が準備されているとは限りませんので、必要なスペースが十分にあるかなどを定期的に確認することが重要です。

② 必要な時まで不動産内に人を収容できるよう負荷の容積を向上する必要があります。
不動産内に人を収容できるよう備えておくか、避難可能な仮設住宅などを建てておくなどして、災害の被害を最小限に抑え、また、仮設だけでなく、防火対策、バックアップ電源の確保なども行うと、より安全の気持ちで災害に備えることができます。

防火やバックアップ電源については、国の規則に定められたものなどの規定を満たした上で行うことが重要です。 


③ 防災のため投資を行えば、収入になる可能性もあります。特に、防災機器の導入や、再生可能エネルギー資源の活用などから融資を受けるなどして、収益を最大化することができます

不動産オーナーとして、防災に取り組むことで、不動産を長年安定して活用でき、収入などの利益を得られるだけでなく、災害発生時に安全を守る力を強めることができます。


不動産オーナーとして防災取り組みを進めることで、今の国や地域の将来を守る礎を築くことができます。

不動産のオーナーで防災を取り組むことは、市民に安全な環境を提供するとともにコミュニティの強い繋がりを築く上でも重要です。

不動産関連の技術者や製造業者など、不動産の防災に関わる技術者に対しても、防災対策のための資質を発揮するようお願いすることも重要です。

さらに不動産担当者及び管理者との連携も重要で、共有の情報を確立し、協力し合い、情報を収集し、防災用品購入管理保守を行うなどの活動を行うことも、防災をするうえで大きな役割を果たします。

安全な不動産に関する確立した基盤を作るには多大な労力資金必要ですが、不動産オーナーとして、防災には多大な効果をもたらす取り組みであり、今後ますます重要な存在となるでしょう。

不動産オーナーが最大限にチャレンジすることで、堅固な防災性能を持つコミュニティが形成され、今後の災害時に安心して避難することができるようになるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です